■カテゴリ:

■診療内容:
 ・ 一般歯科
 ・ 小児歯科
 ・ 口腔外科
 ・ ホワイトニング
 ・ 審美歯科
 ・ 歯ぎしり
 ・ 入れ歯
 ・ スポーツ用マウスガード
 ・ 定期検診
 ・ 歯周病治療
 ・ 予防歯科
 ・ 睡眠時無呼吸症候群
※各種保険取り扱っています。
■診療時間:

■新患・急患随時受付ます。
■各種保険取り扱い
■漢方薬処方可能
「予約制」ではありますが、症状によっては急患として診させていただきます。まずはご連絡ください。

■アクセス:
■交通案内:
〒510-0236 三重県鈴鹿市中江島町20-13
TEL:059-387-1000
FAX:059-387-5267
最寄駅:近鉄名古屋線 白子駅 徒歩15分
バス :三重交通バス 桜ヶ丘前バス停
お車 :駐車場20台
    ハンディキャップ専用駐車場1台

院長日記

いつも、デザートのソフトクリームまでたどり着けない。

家族で名古屋ドームのイオンモールに遊びに来ました。お昼過ぎに到着したので、まずランチです。十分に家族会議をした結果、ランチバイキングに決定しました。日曜日でしたのでお客さんは沢山でしたのでしばらく待つことになりました。待っている間に店内をのぞいていると、もうあれも食べたいこれも食べたいになり、本日のダイエット中止が、即、決定しました。椅子取りゲームのような待ち時間も「次の3名でお待ちのサカエ様」の店員さんのコールで終わり、とうとうフードファイターのスタジアムにエスコートされるのです。「当店のシステムはご存知ですか?80分間 ご自由にお取り、お食べください。」の店員さんの説明が、「80ぷ〜ん 一本勝負!あ〜かコ〜ナ〜 84.1Kg ダイエット・ムリムリ・コウジ・サカエ〜!」と聞こえてくるのです。席に着き心の中で “ファイト” と、アントニオ猪木氏の声。席を立ち、整然と9つに区分けされた白いお盆をアイテムとし、そのマス目に丁寧におかずを置いていくのです。まるでそれは、将棋の対局のようです。でもこの時、私のとてつもない空腹状態は正確な判断力をむしばんでいたのです。ひとマスに二個を乗せるという、将棋で言えば「二歩」と言う間違いを。唐揚げ2、ミニハンバーグ2、肉団子2、おでんの練り物2、肉まん、フライドポテト、ナスの味噌炒め、ペペロンチーノと、9つのうちの8つスペースはぎっしりと充たされました。場所によっては味噌の肉団子ペペロンチーノになっているのです。その時ですコックさんが「おはぎ いかがですか?」と、まるでボクシングのラウンドガールの様に、プラカードの代わりにお皿におはぎを乗せて私の方へ来るではありませんか。「ここに、乗せてください。」と私。「ここですか?」びっくりしたコックさん。それもそのはず、ハンバーグと肉団子の間に“おはぎ”なのです。でもこれが最後の“おはぎ”ではと、思ってしまった私は「ここです」と。おはぎも場違いを少し感じながらも、そこに収まりました。お茶碗にチャーハンに麻婆豆腐乗せ(餃子の王将にありそう。)焼きそば、八宝菜、大根の煮物、etcもう思い出せないくらい食べました。もうこの時点で動けません。ふと見ると、おはぎが残ってる。おはぎに申し訳ないので、頑張って時間をかけていただきました。デザートの時が来ました。でも運んできたソフトクリームは、いつものように形あるものから白い液体に変化してしまうのです。80分の内、後の20分は椅子に座ったままダウンです。いつも反省です。

カテゴリ:未分類 2015年1月18日

大興奮‼️幸せのダブルレインボーを見た‼️

image       今日の午後4:30ぐらいに北の空に大きなダブルレインボーを見つけました。こんな鮮やかな虹を見たのは、生まれて初めてです。「見た人は幸せになる」「願いが叶う」などと言われているダブルレインボー(二重虹)。神秘的な現象です。小雨が少し降る中、少し興奮しながら寒空を時の経つのも忘れてしばし見上げていました。今年は、いい事があるのかも。

 

カテゴリ:未分類 2015年1月15日

かわいい患者さんからラブレター?

診療をしていると時々、心温まる瞬間があります。患者さんから、お手紙をもらったのです。その内容は、怖かった歯医者が怖くなくなり、楽しくなってきたというのです。それどころか大きくなったら、歯医者さんになりたいというのです。ライバル出現に少し動揺しましたが、彼女が一人前の歯科医になるまでには、あと20年位はかかりそうです。色々と神経を使う仕事ですが、この仕事をやっていて良かったと思い報われる瞬間です。

カテゴリ:未分類 2015年1月13日

お伊勢さんに初詣

お伊勢さん詣りに行ってきました。平日ではありましたけれど、参拝されるかたは沢山みえました。まず外宮を詣りました。豊受大神宮を外宮といい、伊勢神宮の二つの正宮のうちの一つです。境内には風宮、土宮、多賀宮の別宮がありそれぞれを詣りました。その後に内宮 皇大神宮に行きました。大鳥居の前で頭を下げ、宇治橋を渡り五十鈴川の御手洗場で手を洗い玉砂利を踏みしめ、風日祈宮を詣り、正宮、天照大御神様に感謝し、荒祭宮に祈願してきました。ここに来るといつも身が引き締まるような気持ちになります。

帰路の宇治橋の前で胸が詰まるような光景を見ました。それは、私と同じくらいの年齢、体格の男の方が80半ば位のお母さんを背負って参拝していました。神様にいろいろなお願いをするのですが、その前にこの世に生を与えてくれた両親に感謝しなければと、つくづく思いました。

おかげ横丁でいつものように、虎やのういろう、まるてんのジャガバター天、磯揚げ天を買い、帰りには明和町の大好物のうなぎのまつもとで、うな丼を食べ、家族と両親にはうなぎ弁当を買って帰りました。帰りの車の中は、うな丼のいい香りとなぜか、少し心がポカポカした気持ちに満たされていました。

imageimage

カテゴリ:未分類 2015年1月8日

あけましておめでとうございます。

imageimage紅白歌合戦も嵐率いる白組が勝ち、海からの初日の出を見ようと早く寝たのですが、目覚めた時が日の出の時間でした。ですので、寝室の窓から初日の出を拝みました。おとそを飲み、嫁と娘達が作ったおせち料理を食べ、今年の目標を各自で発表し平和な朝を迎えました。それから子供達にお年玉を渡し、実家へ新年の挨拶andお年玉回収に行きました。実家で、にぎやかな時を過ごした後に江島神社に初詣に行きました。突然の雪に少し興奮しながら寒い冬空の中、みんなの幸せを祈願してきました。   平成27年 元旦

カテゴリ:未分類 2015年1月1日

忘年会にて

今日は、午前中に診療室の大掃除を済ませて仕事納めです。年々、日が経つのが速くなっているような気がします。充実した日々を送れるから、そう感じるのかもしれません。それには信頼できる優秀なスタッフが必要です。今年一年ありがとう。来年もよろしくね。また、美味しい焼き肉食べよう。image

カテゴリ:未分類 2014年12月29日

わが青春の浜田省吾。

image、名古屋のナデァパークで、浜田省吾の写真展がありました。浜省のフアン歴は大学2年生時からですので34年になります。34年前に大学の近くの松戸市民会館でコンサートを見てからです。当時はチケットも簡単に購入できましたが、今ではなかなか手に入りません。写真を見ているとその当時の記憶がよみがえります。浜省も若かったなぁと、思う私もいい年になっています。そして時に、彼の作品には失恋した時には同調したり、仕事で落ち込んだ時には励まされたりしました。(関心のない人にとっては笑えるかもしれませんが。)中でも、J.Boyという曲が私の人生のテーマソングです。カラオケでも時々歌うのですが6分30秒の長い曲ですので、フルコーラスを歌った時に当時のスタッフがトイレに行って帰ってきた時に「まだ、歌ってる。」と言われて少し傷ついたことがあります。でも、またJ.Boyで勇気づけられるのです。

カテゴリ:未分類 2014年12月28日

メリークリスマス‼️

メリークリスマス‼️いい子にしてたかな。うちには、サンタさんは来なかったけど待ちに待ったシャトレーゼのケーキがやって来ました。12月は二人の娘の誕生日、クリスマスとケーキを食べる機会が沢山あります。番外としてクリスマス前日に義兄の取引先からのケーキも食べました。ケーキはとても美味しいですが・・・・なかなか痩せることができません。image

カテゴリ:未分類 2014年12月25日

ミスユニバース三重県代表と。

両親へのプレゼントとして車のディーラー主催の食事会に参加しました。演歌歌手の山川 豊さんの実演も観れるというものでした。山川さんのトークはとても面白く、時にその歌の内容に涙が出そうになりました。その一つに嫁ぐ娘に贈る歌を親友の吉 幾三さんに書いてもらった時の話です。吉さんは娘さんの彼が結婚を申し込みに来た時、まず何も言わずブン殴り、それから彼を強く抱きしめたそうです。若い頃は何故彼女の父親に、殴られなければならないのかよくわからなかったけど、二人の娘を持つ父親となった今はその気持ちが、大変良くわかります。そして娘を頼んだぞとの気持ちを込めた抱擁。何も言わなくてもこれで全てが伝わる様な気がします。サービス精神旺盛な山川さんは両親と一緒に写真も撮ってくれました。両親は大喜びでした。私は会場に来ていたミスユニバース三重県代表の草野さん(太陽の街出身だそうです)と、嬉しい記念撮影をしました。ご覧の様に鼻の下は伸び伸びです。とても幸せなひとときでした。あまりにもの幸せそうな顔に後で、嫁から反省会でした。imageimage

 

カテゴリ:未分類 2014年12月23日

寒ブリって、かぶるの?

子どもさんの言い間違いは時に若手のお笑いよりもずっと面白いことがあります。先日の事です。患者さんのお子さんの事ですが、七五三の事を話してくれたのですが、綺麗な着物を着たり、赤と白と水色のドレスを着て“カンブリ”をかぶってお化粧したと。寒ブリ?すかさず私は、「脂ののった。」そしたら彼女は「小さい寒ブリをかぶった。」「それは、はまちだよ。その寒ブリを、縦にかぶったの?横にかぶったの?」その寒ブリをかぶった光景を想像するとお腹が痛くてたまりませんでした。お母さんも大笑いです。彼女の“カンブリ”は“かんむり”のつもりだったのです。診療室がほのかに暖かくなったように感じました。

カテゴリ:未分類 2014年12月15日

1 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82
鈴鹿市の歯科[さかえ歯科医院]